旅行をより有意義に過ごすために~賢いサービスの利用~

目が覚めたら目的地

目が覚めたら目的地に着いていた

大型連休や長期休暇の他にも2、3日程度のちょっとした旅行を楽しみたいものです。旅行先の場所にもよりますが、朝早く起きて飛行機や新幹線などを利用して出かけると目的地に着いたらお昼を過ぎた頃になります。せっかく来たのだからもっとゆっくり見て回りたいと思っても、明日は帰らなければならないという場合、観光やレジャー、買い物を楽しむ時間が制限されてしまいます。そのような場合など夜行バスを利用して交通手段を工夫すると、現地で楽しむ時間に余裕が出来るのです。夜行バスなら夜出発して朝に目的地に着くため、着いたその日に時間にして1日におよそ5時間以上の余裕が出来ます。また帰りも夜行バスを利用すれば搭乗時間までゆっくりと見物や食事を楽しめるのです。夜行バスなら、寝ている間に目的地に着いてしまうのです。

豪華な夜行バスはVIP気分

近年、夜行バスの利用者数が増加傾向を辿っています。沢山の人が利用する事によって、運賃が抑えられることや各地に乗り場の増設も有るため益々便利になっています。また、夜行バスを運営している各社ともに力を入れているのが車内のシートやアメニティです。夜行バスは3列シートが主流でしたが、最近では隣の人との席の間隔に圧迫感が無い様に通路が広く取られた2列シートも多く出ています。特に配慮がされているのが身体に負担を掛けずに眠れるシートです。後部席に邪魔にならずにリクライニングの倒せる角度も150度以上のシートで、寝返りも打てる幅のものが設置されている車両もあります。夜行バスでの長距離移動でも疲れを残さずVIP気分で眠っている間に目的地に着けるのは良い交通手段の1つです。


© 2015 旅行をより有意義に過ごすために~賢いサービスの利用~

Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013